「おしゃれが続かない」「おしゃれが面倒」という悩みの解決方法

おしゃれ

大人のおしゃれ塾、田中です。

朝晩、寒くなってきましたね。

寒くなってくるとよく耳にするのが「おしゃれが続かない」「おしゃれが面倒」という声です。

確かに、暑かったり、寒かったり、眠かったり、日々のおしゃれを維持するのは大変ですね。

でも、なぜ大変なのでしょう。なぜ面倒に感じて続かないのでしょうか。

おしゃれが続かない理由

いつも目新しい服を着なくてはいけないと思っている

毎日、手を替え品を変え、違う服を着る必要はありません。

昨日と全く同じ服というのは、さすがに近年の日本ではタブー視されていますが、1970年代ではよく見られた光景です。

フランス映画の主人公も、同じ服で別の日も登場してきます。いつも違う格好より、似合うアイテムを何度も着用した方が、その人の印象がさらに良い方に強まります。

毎日、違う格好をしなくてはいけないという「強迫観念」は捨てましょう。私たちは「お天気お姉さん」ではありません笑。

着こなしの基本となるアイテムが揃っていない

自分の基本となるアイテムは絶対に必要です。特にボトムスは重要です。

スカートなのか、パンツなのか、丈は長いのか短いのか、幅はタイトなのかワイドなのか。

ここが決まれば、あとはトップスもアウターも、全体のバランスを考えて自然と決まってきます。

ただし、色には十分配慮したいものです。自分のベースカラーを紺、茶、とするならば、紺は紺で、茶は茶でセットアップが作れるよう、アイテムを揃えていきます。

例えば「茶」の例をご紹介しましょう。

ジャケットとスカートを「茶」で揃えています。このセットがあれば、中に着るアイテムを替えるだけで着こなしに変化が付けられます。

オフホワイトのパーカーを着たりとか。

モノトーンや、紺もセットが作りやすいので、上下で持っておくと様々な組み合わせが難なくできます。

アクセントカラーも、2~3色に絞って集めておくと重宝します。

とはいえ、たちまち今日着る服、明日着る服に悩んでいるわけですから、ボトムスを決めるという時点ですでにハードルが高いかもしれません。

そんな場合は、とにかく「持ちの服で3パターン」セット(コーディネート)組んでみてください。その3パターンを1週間、順に着ていけばよいです。

「また同じ服?」というような野暮なことを聞いてくる人がいたら「うん、気に入ってるの」と答えてください(笑)

着ない服が多すぎる

本当に、数はいりません。目に見えないところに収納している服は戦力になりません。

着ない服は、場所ばかりとってストレスの素です。以前のブログにも書きました。ご覧くださいね。

使える服を残し、要る服は買い足しましょう。何が必要なのかが重要です。

私たちの良さを「引き立ててくれる服」です。自然に笑みが浮かんでくるような、満ち足りた感覚がもてるような、そんな服です。

ワンシーズンでは揃いません。コツコツお気に入りのアイテムとの出会いを楽しみましょう。

短時間でできるヘアメイクが修得できていない

「フルメイク」をいつもされている方は、工程も多く、時間もかけている分、お化粧感のある仕上がりに目が慣れています。

素をいかした「ナチュラルメイク」は、メイクをしていない時との落差が大きいため、物足りなさを感じるかもしれません。

けれどそこは我慢のしどころです!

マスク生活ということもありますが、眉の描き方をマスターするだけでもメイクはキリっと締まるものです。

髪型についても、ドライヤーやコテを毎日使うのでは、髪も痛むし時間もかかることでしょう。

やはりここは、ご自身でヘアメイクを工夫し、自分なりの普段のメイク、髪型を作り出していく(決めておく)ことが大切だと思います。

まとめ

おしゃれが続かないというのは、自分で「頑張らなきゃ」とハードルを上げてしまっていることと、ワードローブ(手持ち服)がうまく整っていないことが原因として挙げられます。

お気に入りの「着こなしパターン」をいくつか用意しておけば、一部分をちょっと変えるだけでその日の服が決まります。

人は私たちが昨日何を着ていたかまで克明に覚えていません。

お気に入りの服を中心に、組み合わせで変化を付けながら、何度もお気に入りに服を着て、自分らしさのイメージを作り上げていきましょう。

まずは手持ちの服の中から、基本となるセットを組んでみてください。

何もせず面倒がっていては何も改善しませんよ笑。ぜひ実行してみてくださいね!

■おススメの関連ブログ

「着るものに困る」と悩む前にまずは色彩計画!着回しは短いスパンで考える。
おしゃれは趣味の一分野。みんなが「おしゃれ人間ファッショニスタ」をめざす必要はない。
定期的なワードローブの見直しで、活躍してくれる服をそろえよう。

 

タイトルとURLをコピーしました